リハログ

リハログ

はじめまして。yusukeです。柔道整復師/鍼灸師/理学療法士 3つの資格を取得。各種養成校の学生向けに「リハログ」を運営しています。30代一児の父として頑張っています。

【歩行分析】足部からの運動連鎖について。重要な距骨下関節の動きまとめ。

f:id:r154018:20180811164120p:plain

歩行時の足関節や足部の動きといえば矢状面での「rocker function」が有名です。

しかし、足部では他にも重要な機能があります。

 

今回は忘れがちな、前額面上の足部の動きについてまとめてみます。

 

 

 

距骨下関節の動き

距骨下関節は立脚相全体(IC~Tst)の間にどのように動きをするのでしょうか。

 

じつは距骨下関節はICでの衝撃吸収とTstでの蹴り出しの場面で重要となるため、各時期ごとに複雑な動きをすることが求められます。

 

まず、全体の流れを距骨下関節に着目して説明していきます。

 

最初にICでは踵の外側が接地し、距骨は回外します。(足部でいうと内反の動き)

この際、衝撃吸収に有利となるように足部には柔軟性が要求されます。

 

そこからMstにかけて回外は減少し距骨は中間位になっていきます。

 

そして最終的にはTstで距骨は回内し、母趾側に荷重していき蹴り出しが行われます。(足部でいうと外反の動き)

その際、足部は蹴り出しに有利となるように剛性が必要になります。

 

つまり足部は、柔軟性と剛性の両方を兼ね備えている必要があると言えます。

 

足部からの運動連鎖で下腿は内旋する

IC時、距骨は回外し、接地の衝撃を吸収します。

そしてこの後、tstにかけて距骨は回内していくと同時に運動連鎖で下腿は内旋します。

またICの際、後脛骨筋は遠心性収縮し距骨回外(足部内反)を制御します。

(後脛骨筋の作用は内反・底屈)

 

この下腿内旋と後脛骨筋の遠心性収縮は非常に重要で、膝関節の位置を正中に近づける役割があります。

この機能がないと、踵の外側から接地するため、膝関節は内反位(O脚の方向)となり膝関節にストレスがかかってしまいます。

 

前額面で起こる足部からの運動連鎖

①距骨下関節は立脚初期~後期にかけて、回外→回内します。

②回外を制御するために、後脛骨筋が遠心性収縮します。

③立脚後期に起こる踵骨回内と同時に、運動連鎖により下腿は内旋します。これにより足部外側が接地したために起こる膝関節内反は修正され正中位に近づきます。

④内転筋群・大殿筋下部の求心性収縮により大腿は内転します。その結果、骨盤は外側にswayします。

⑤骨盤の外側swayを外転筋群・大殿筋上部の遠心性収縮が制御します。

 

運動連鎖が破綻すると変形の原因になる

この運動連鎖が破綻するとどのようなことがおこるのでしょうか。

今回は運動連鎖の破綻から「変形性膝関節症」になる例を考えてみます。

 

このようなケースでは踵の外側が接地した後、後脛骨筋がうまく働かず、下腿内旋が起こりません。

なので下腿内旋が起こらないために、膝関節の内反が修正できなくなります。

(距骨が回内すると下腿は外旋し、O脚に近づきます)

 

そのため内転筋群・大殿筋下部は遠心性収縮、外転筋群・大殿筋上部は求心性収縮し、骨盤の外側swayは大きくなり、股関節ではいわゆるトレンデレンブルグ現象が起こってしまいます。

 

この状態で歩行を続けると、膝関節内側に負荷がかかり続けることになり、長期に及んだ場合、内側型の変形性膝関節症になるリスクが高まってしまいます。

 

足部からの運動連鎖の破綻は、持続すれば変形性膝関節症の原因となります。

 

まとめ

今回は、変形性膝関節症を例に挙げて、足部からの運動連鎖の重要性をまとめてみました。

距骨下関節は衝撃吸収と蹴り出しという、立脚相でも重要なイベントに関わります。

そのため、歩行の問題点を考える上でじつは重要なポイントになります。

 

軽視されがちですが、重要な足部の機能についてこの機会に復習してみてください。